筆者の独断ですが、ランニング初心者でもマラソンを見据えるのであれば、はかなりおすすめです。

もともと adidasはフォアフットで着地しやすい作り(筆者が履いてきた、mana7、japan2、takumi ren、takumi sen含む)になっていて、“人間本来の走り方”が身につきやすい んです。

もしダイエット目的であったり、ややウエイトオーバーしているという方には、 asicsのKAYANOかNEW YORK 、asicsが足に合わない方、軽量性とクッション性を重視したい方は ミズノの「ウエーブライダー」 を試してみてください。

そしてランニング初心者でも“本気でマラソンに向き合いたい”と考え、練習量と質を両立したいのであれば、 adidasの「adizero Japan boost」 をおすすめしたいです。

◆ランニングシューズ初心者は2足買うべし!? コスパ最強のランニングシューズとは

ランニングシューズは、1回履くとクッションが回復するまで中1日開けた方が、耐久性が向上する といいます。

おすすめした2足を両方買うというリッチな方には無縁ですが、筆者は“もったいない病”にかかっているので、本命シューズ1足+クッション性のあるもっと安価なシューズを1足という手段を取りますよ。

たとえば、asicsであれば
マキタ ドリルドライバ 144v br 充電式ドライバドリルDF470DRGX (60Ah 高容量60Ah コンパクト高耐久ハイパワー
[2971861]SIラチェットレンチ SI1108A ダブルスラスト機構でアンビル部の耐久性が高いタイプです。
小倉クラッチAMC型マイクロ電磁クラッチ(AMC80(T
は、5,000円以内で購入できて、ジョギング程度の強度であればコスパ最強ですよ。